切り抜き用画像の作成

切り抜きよう画像

 

雑誌などに載っている商品写真は、角版(かくはん)と切り抜きと呼ばれる種類があります。

角版は写真を背景付きのまま載せたものです。

切り抜きは、背景からその商品だけをフォトショップなどの画像編集ソフトで切り取って、べつの背景に載せた物です。

商品撮影のときはどちらが必要になるか考えた上で撮影を始めなくてはいけません。

なぜなら、角版はデータの編集がいりませんが、切り抜きは商品の輪郭がはっきりしていないと編集がとても困難になります。ボヤケて背景と同化してしまっていると、編集した際とても不自然な仕上がりになります。

そうならないように、輪郭を際立たせる為に使う手法が「黒締め」と呼ばれる方法です。

ガラスや水の入ったペットボトルなど透明なものを撮影する際に有効です。

FX064_L

まず、黒ケント紙を半分に折り線をつけます。その線の中央に商品を置き白鉛筆で輪郭をとっていきます。輪郭の3mmほど外側を切り抜き、その切り抜いた穴の後ろに白ケント紙を貼付け、撮影時商品の後ろに立てておきます。

すると、商品の真後ろ(白ケント紙を貼った部分)以外の部分に光が反射しなくなるため、商品の両サイドに黒い影が入り、輪郭がはっきりと際立ちます。

そうする事によって、画像編集ソフトを使っての編集がとても楽に、そして美しく仕上げる事が出来るようになります。

 

商品撮影

 

 

 

 

軟弱地盤の見極め

地盤改良が必要となる軟弱地盤。

JC162
地盤改良の方法次第では、不同沈下を起こしたりする厄介な土地として知られていますが、その見極め方にはいくつかポイントがあります。
まず周辺環境から見極める方法です。
谷底や周辺が山で囲まれている土地、また小川や水路が多く湿地帯や水田となっている土地は注意が必要。
また河原やデルタ地帯、また河川の河口部などの水辺に近い土地も地盤に水を多く含んでいる可能性が高いため、軟弱地盤の危険性が高くなります。
その他には、崖や急斜面、造成地などの山や谷を切り崩して作られた土地も、地盤の土地が盛土部分で軟弱になっている場合があります。
上記以外の見極めポイントとしては、地下水量の多い土地や、砂地なども軟弱地盤である可能性が大きい土地です。
また砂地や水気の多い土地は地震があった際に、液状化を起こす土地としても知られています。

一説によると人口の1/3は軟弱な地盤の上に住んでいるといわれる日本。

地盤改良により基礎部分を補強し家を建てることができますが、場合によっては多額の金額がかかることもあります。
地震大国であるため注意が必要ですが、軟弱地盤について予め知っておくことで末永く安心して過ごせる土地を購入しやすくなると言えそうです。

JC153

デザインはデザイン会社

優秀なホームページ制作

いいホームページ制作をしなければならないのです。

JQ074_350A
ホームページは作ればいい訳でもありません。そんなホームページでは、インターネットの競争社会に対抗出来ません。
どんどん、リアル社会と言うよりもインターネット社会が競争化しているのです。
インターネットでホームページを閲覧するお客様って二種類存在していると思います。
もう、ホームページを見て、すぐに商品を購入決めるお客様です。
そういう人たちはまさに、ホームページ制作が決め手です。
ホームページの出来で商品購入にストレートに至ったのです。
それ程、インパクトのあるホームページである証拠です。
しかし、多くのお客様は、基本比較するものです。

ホームページの中でも、魅力のあるホームページ、魅力のないホームページを比較します。
ここに必要なのは、やっぱり専門的なプラスαな力なのです。

 

JQ031_350A
比較する意識とは、もうちょっと深入りするモチベーションです。
そういう意識を持つお客様に対して、初心者の作る浅いホームページ制作が勝つはずありません。私のいるインターネット社会は現在でも更にどんどん専門家の世界へ競争することによって踏み込んでいるのです。
こんなにホームページってスッキリしているのに?というホームページに情報がつまり、それが優秀なホームページです。

ホームページ作成会社のサービス力を見抜こう

ホームページ作成会社を利用するうえで、サービス力を見抜くことは必須となります。
コストパフォーマンスとは、ただ安いだけのことを言うのではありません。
価格以上のサービスを提供することを言うのです。
毎月100万円の利益を出せても、120万円のコストをかけていれば、コストパフォーマンスは低いことになります。

サービス力というのは、作成業者のホームページを見ただけではわかりにくいかもしれません。
どこの業者も、自社のよいところばかりピックアップするものです。
ただし、電話での対応力というのはごまかしがきかないものです。
本当によい業者は、電話の対応力も優れているのです。
どんなに格安料金、優れたサービスを謳っていても、電話の対応に難があるようであれば、よいサービスを提供できる可能性は低いです。

作成会社のことをさらによく知るには、実際に無料見積もりを受けてみるといいです。
これは、対面して行うのが一番よいです。
電話で話すよりも、業者のことがよくわかるはずです。
ここで、無理に契約を迫ってくるような業者ならば、ほかを当たったほうがいいでしょう。
契約を急かせてくるような業者には、ほぼよい業者はないと言ってもいいでしょう。

ホームページ作成は個性で勝負

ホームページ・デザイン会社を利用するときは、個性で勝負できる会社を選びましょう。 個性とは差別化のことであり、ライバルとは異なる視点から集客するために必須となります。 ライバルと同じ方向で努力しても、結局は元祖にはかないません。 膨大な資金があれば話は別ですが、ホームページ作成をする方の多くは潤沢な資金を確保できないのが現状です。 限られた資金でページ作成をするためには、個性を活かしていくことが必須となります。

どこにでもあるようなページは、なかなか読まれません。 すでに誰もが知っているような情報だけを網羅しても、読んではくれません。 ライバルが触れていない情報を提供することで、興味を持ってもらうことが可能となります。 「このホームページは役立つ」と思ってもらえれば、ブックマークやお気に入りに加えるなどしてくれるでしょう。 再訪問してくれれば、アクセスアップ、売上アップにもつながるというものです。

ホームページ作成をするときは、ライバルのページをよくチェックして、それらにない内容のページを作るようにしたいものです。 デザイン、文章に個性を持たせることができれば、おのずと訪問者は増えていくものです。 運営者のプロフィールを掲載すれば、さらに信用性は高まります。

ホームページ制作